昨今、働き方改革を実現するツールとして注目されるRPA(Robotic Process Automation)。

「RPA導入を検討しているが、どう選んだらいいのかわからない」
「導入したものの難しく、結局使いこなせていないと感じる」
「RPA稼働中にPCが占有されることが悩みの種」

上記のようなお困りごとはありませんか?

活用できるRPA、その成功のコツは「業務部門がRPAを自分で作る」ことにあります。
また、テレワークの環境下でRPAを効率よく稼働させるためにはコツがあります。

今回、業務部門とIT部門、双方にメリットのある「自分で作るRPA」を使った、ニューノーマル時代の業務効率化の進め方をご紹介いたします。

是非お気軽にお申し込みください!

日時 2020年9月25日(金) 11:00~11:50  
会場
参加費 無料
定員 定員100名申込受付中
対象 ●RPA導入を検討している/導入済みの方
●RPA作成をサポートする/しているIT部門の方
●RPAの導入・活用に課題をお持ちの方
主催 パナソニック インフォメーションシステムズ株式会社
共催 株式会社アシリレラ、アセンテック株式会社
協賛
内容 11:00~11:15【セッション1】
どうする?ニューノーマル時代の「働き方改革」の取り組みについて
パナソニック インフォメーションシステムズ株式会社 坂戸 雅智

コロナ禍において急速に普及したテレワーク。働き方改革への対応が進んだものの、新しい課題も散見されていることと思います。
本セッションでは、弊社が取り組んでいるテレワーク時代の対応についてご紹介するとともに、RPAの導入課題と解決策のご紹介をさせていただきます。


11:15~11:35【セッション2】
失敗から学ぶ、RPA拡大のコツ
株式会社アシリレラ 大澤 周平 氏

過去3年間でRPAへの社会的な関心が高まり、大企業を中心に急速に導入が進みました。しかし、最近では「RPAは期待外れ」と言った声も多く聞かれるようになりました。
本セッションでは、多数の企業への導入を通じて弊社が培ったRPA導入のコツを、失敗/成功例を交えつつ紹介させていただきます。


11:35~11:50【セッション3】
RPAに最適なプラットフォーム基盤、リモートPCアレイのご紹介
アセンテック株式会社 菊地 芳明 氏

RPAの実行環境として一般的には通常のPCを用意することになりますが、複数の実行環境が必要な場合、PCの台数が増え運用管理の手間がかかります。
本セッションでは、省スペースデスクトップ型筐体に5台のPCを集約したRPAの基盤にぴったりなリモートPCアレイをご紹介させていただきます。


※ 同業社様のご参加はお断りさせていただいております。また、お申し込み多数の場合は抽選とさせていただきます。あらかじめご了承ください。
備考 <関連サイト>
RPAソリューション「asirrera ロボオペレータ」

お問合わせ

パナソニック インフォメーションシステムズ株式会社セミナー受付事務局
TEL:03-5715-5470
お電話の受付は平日9:00~17:30とさせていただきます。