この1年で、企業の多くがVDI環境を導入し、テレワークに対応しました。
ですが、皆さんは自社のVDI環境に満足されているでしょうか?

「急ごしらえの環境で動作が遅い
「とりあえず導入したものの、投資の妥当性がわからない
マスタイメージが乱立しており、アップデートのたびに対応に追われている」
こういったお悩みをよく耳にします。

本セミナーでは、長年のVDI経験から導いた「明日から始められる改善ステップ」をご紹介します。
注目が集まる「Azure Virtual Desktop(旧名称:Windows Virtual Desktop)」の最新トレンドもお伝えします。
地道ながらも確実な改善策を、ぜひお役に立てていただければと思います。

日時 2021年9月29日(水) 11:00~12:00  
会場
参加費 無料
定員 定員100名申込受付中
対象 ●導入したVDIシステムに満足されていない方
●VDIシステムの運用に携わっておられる方
●AVDの導入を検討されている方
主催 パナソニック インフォメーションシステムズ株式会社
共催 日本マイクロソフト株式会社
協賛
内容 11:00~11:20【セッション1】
利用が広がる Azure Virtual Desktop(AVD)
日本マイクロソフト株式会社 岡本 剛和 氏

11:20~12:00【セッション2】
様々な苦労・経験から導いた、VDIの最適解
パナソニック インフォメーションシステムズ株式会社 黒川 直哉 高垣 義男

※ 同業社様のご参加はお断りさせていただいております。また、お申し込み多数の場合は抽選とさせていただきます。あらかじめご了承ください。
備考 <関連サイト>
テレワークの切り札 Windows Virtual Desktop (WVD)とは?

岡本剛和

日本マイクロソフト株式会社
Azureビジネス本部 エグゼクティブプロダクトマネージャー
外資系ソフトウェアベンダーにて開発、コンサルティング等を経て、2008年より日本マイクロソフトにてサーバー製品のマーケティングを担当。
2020年より仮想デスクトップサービスであるAzure Virtual Desktopのビジネスマーケティングを指揮し、コロナ禍におけるお客様の支援に従事。

黒川直哉

パナソニック インフォメーションシステムズ株式会社
営業統括部 東日本ソリューション営業部
カフェレストラン経営、PC周辺機器メーカー法人営業を経て、2016年にパナソニック インフォメーションシステムズ株式会社入社。インフラソリューションやセキュリティソリューションに造詣が深く、お客さまのニーズに合わせた提案を日々行っている。直近の案件では、大手電機メーカーのセキュリティ基盤構築、発電システム製造会社のDaaS使いこなし支援などを手掛けている。

高垣義男

パナソニック インフォメーションシステムズ株式会社
ビジネス企画・管理部 部長
シンクライアントの営業を担当した後、14年前からパナソニック インフォメーションシステムズのテレワーク環境整備に従事。VDI、HDI、SBCなど時代ごとに最適の環境を模索しており、当社におけるテレワーク推進の黒子的存在とも言える。

お問合わせ

パナソニック インフォメーションシステムズ株式会社セミナー受付事務局 山田
TEL:080-4336-1204