IoT時代における原価管理への取り組み

〜 原価管理業務にお悩みを抱えた製造業様へ 〜

目まぐるしく変動する事業環境下、製造業様におかれましては、多様化する顧客ニーズへの対応は喫緊の課題となっております。
本セミナーでは、IoTやAI、ビッグデータといったITキーワードが飛び交う現代でその活用シーンとして「原価管理業務」に着目し、今だからこそ取り組むべきものは?という議題に、デモンストレーションを交えながら考察致します。

開催概要

日時 2017年3月10日(金)15:00〜17:00(受付開始14:30)  
会場
〒530-0013 大阪府 大阪市北区茶屋町19-19 アプローズタワー16F
Tel:06-6377-0050
●JR「大阪」駅 御堂筋出口 徒歩10分
●地下鉄御堂筋線「中津」駅 3番出口 徒歩5分
●阪急「梅田」駅 茶屋町出口 徒歩6分

参加費 無料(事前登録制)
定員 30名 
対象 ●原価管理業務でお悩みを抱えていることはございませんか?
●原価管理システムの導入や入替えをご検討されてはいませんか?
●「他社の取り組みや事例」 に関心はありませんか? 
主催 パナソニック インフォメーションシステムズ株式会社
共催 株式会社アミック 
協賛 GRANDIT株式会社 
内容
15:00〜15:05  ご挨拶

15:05〜15:45   【セッション1】
           IoT時代を迎えるに当たり、取り組むべき原価管理とは?
             パナソニック インフォメーションシステムズ株式会社 


 グローバル企業を相手に、世界と戦う製造業界においては、競争環境が激化している時代です。
 そのような中、これからの労働人口減少、熟練工の退職などを背景に、あらゆる企業がIoTやAI、データ分析と
 いったような分野に感心を寄せ、いろいろな取組みが推進されつつあります。
 ただ、導入すればなんでもできるか?というとそうもいきません。IoT導入プロジェクトが完遂しても、そもそもの
 目的を見失ってしまえば、改善活動は絵に書いた餅となってしまいます。
 今回は、そのような背景の中で改善活動の中でも「原価管理業務」に着目し、日本企業が今やるべきことは
 何か?ということについて考えてみます。

15:45〜16:00  休憩

16:00〜16:40   【セッション2】
           生産性向上と原価低減を実現するIT活用術
             株式会社アミック 


 日本の製造業が、様々な外部環境要因からのコスト削減圧力の中で勝ち残っていくためには、全社が一体と
 なって、生産性向上と原価低減に取り組む必要があるといわれています。
 しかし、これまで生産管理・原価管理のシステム導入にチャレンジしたものの、システムの定着化や蓄積され
 たデータの活用に多くの課題を持つ皆さまも多数いらっしゃいます。
 本セッションでは、コスト構造/収益構造を正確に捉えたマネージメントをどのように実現するのか、システム
 導入プロジェクト推進に携わるSEが、ご利用中のユーザー様の取り組みに触れながら、『AMMIC/Netシリー
 ズ 原価管理 AMMIC/NetC』の特長をご紹介致します。
 *『AMMIC/NETシリーズ』は、食品・医薬・化学・消費材・組立加工など、幅広い業種に導入実績があるERP
 パッケージです。

16:40〜     (質疑応答)


※本セミナーはエンドユーザ様向けです。同業者様の入場はお断りする場合があります。
※講師、内容は変更となる場合があります。予めご了承ください。
※定員を超えた場合は抽選とさせて頂きます。
 
備考 <関連サイト>
完全Web型ERPパッケージ GRANDIT
 

お申込多数のため、受付を締め切らせていただきました。

お問合わせ

 セミナー事務局
TEL:06-6377-0050 
お電話の受付は平日9:00〜17:30とさせていただきます。