短サイクル化を実現する生産計画業務とは?

〜 大手製造業の“多品種”“短納期”ノウハウを公開します! 〜

目まぐるしく変動する事業環境下、製造業様におかれましては、多様化する顧客ニーズへの対応は喫緊の課題となっております。
本セミナーでは、多品種少量時代に即した計画業務のあり方を解説し、課題解決のためのソリューションをデモンストレーションを交え、ご紹介いたします。

開催概要

日時 2017年6月15日(木)14:30〜17:10(受付開始14:00)  
会場
〒105-6022 東京都 港区虎ノ門4-3-1 城山トラストタワー22F
Tel:03-3437-1429
●東京メトロ日比谷線「神谷町」駅 4b番出口 徒歩3分
●東京メトロ南北線「六本木一丁目」駅 2番出口 徒歩7分

参加費 無料(事前登録制)
定員 30名 
対象 ●生産計画業務でお悩みを抱えていることはございませんか?
●近く、生産管理システムの入替えをご検討されてはいませんか?
●「他社の取り組みや事例」 に関心はありませんか? 
主催 パナソニック インフォメーションシステムズ株式会社
共催 株式会社フレクシェ 
協賛 GRANDIT株式会社 
内容
14:30〜14:40【ご挨拶】
14:40〜15:20【セッション1】
短サイクル化を実現する生産計画業務とは?
パナソニック インフォメーションシステムズ株式会社
 多様化する顧客ニーズへの対応を迫られる中、生産計画担当者様の悩みは尽きません。
需要予測、生販在(PSI)計画、需給調整などの計画業務における課題を分析し、昨今のビジネススピードを追随する多品種少量生産時代に即した計画業務の方向性を考えます。
15:30〜16:10【セッション2】
需要変動など様々な計画業務に対応する生産スケジューラ 『FLEXSCHE』導入事例のご紹介
株式会社フレクシェ
 製造業の皆様にとって「計画業務」と言うと何をイメージされるでしょうか?需給計画、PSI計画、生産計画、工程計画、大日程計画、中日程計画、工程計画、在庫計画、人員配置計画、負荷計画、配送計画、配置計画・・・様々な計画業務があるのではないでしょうか?
生産スケジューラ『FLEXSCHE』は、それらの計画業務をご支援するためのソフトウェアです。本セッションでは、大型装置メーカ様(大日程計画/負荷計画/製造配置計画)、惣菜メーカー様(人員配置計画)の導入事例を中心に、実際にFLEXSCHEを動かしながら様々な事例をご紹介させていただきます。
16:20〜17:00【セッション3】
統合型ERP 『GRANDIT生産管理』 と生産スケジューラ連携事例のご紹介
パナソニック インフォメーションシステムズ株式会社
 無駄のない効率的な生産には、能力を加味した計画が必須となりますが、通常、基幹システムにおける所要量計算機能では、生産能力を踏まえた作業計画は策定されません。
本セッションでは、完全統合型ERPシステム 『GRANDIT生産管理』 と、生産スケジューラ 『FLEXSCHE』 を具体例に、ERPシステムと生産スケジューラの連携モデルとその導入ポイントを解説します。
17:00〜17:10【質疑応答】

※講師、内容は変更となる場合があります。予めご了承ください。
※定員を超えた場合は抽選とさせて頂きます。 
備考 <関連サイト>
完全Web型ERPパッケージ GRANDIT
 

お申込多数のため、受付を締め切らせていただきました。

お問合わせ

 セミナー事務局
TEL:03-3437-1429 
お電話の受付は平日9:00〜17:30とさせていただきます。