働き方を変え、ビジネスを強くする 製造業のための「脱Excel」セミナー

生産計画立案からデータ分析まで

Excelは万能ツールとして多くの会社で活用されていますが、フォーマットの不統一や属人化など悩みも尽きません。
本セミナーでは「脱Excel」、あるいはExcelを活かしながら業務負荷を大幅に削減するヒントをご紹介したいと考えておりますので、是非ともご参加くださいますようお願いいたします。

開催概要

日時 2017年10月27日(金)14:30〜17:20(受付開始14:00)  
会場
〒530-0013 大阪府 大阪市北区茶屋町19-19 アプローズタワー16階
Tel:06-6377-0050
●JR「大阪」駅 御堂筋出口より徒歩10分
●地下鉄御堂筋線「中津」駅 3番出口より徒歩5分
●阪急「梅田」駅 茶屋町出口より徒歩6分

参加費 無料(事前登録制)
定員 30名 
対象 ●手作業の定型業務を自動化したい
●Excel文化からの脱却を検討中
●他社の取り組みや事例に関心がある 
主催 パナソニック インフォメーションシステムズ株式会社
共催  
協賛  
内容
14:30〜14:35【ご挨拶】
14:35〜15:35【セッション1】
作業者への仕事の割り振りと負荷の平準化
FLEXSCHE導入活用例のご紹介

株式会社フレクシェ
近年、「作業員」をキーワードとしたFLEXSCHEへのお問い合わせが急増しています。リーマンショック以降「作業員を増員することなく増産するにはどうすれば良いか」を課題としている製造業が増えました。また最近の「働き方改革」「IoT」などのトレンドによって今まで以上に「作業員」に関する課題意識が高まっているのかもしれません。実際の製造現場における作業員は、スキルがバラバラであり、多台持ちも可能であり、さらに多能工である、といった事情があります。そのため仕事を効率的に、さらに作業員の負荷平準化を考えながら作業を割り振ることは容易ではありません。本セッションでは「作業員」をキーワードに様々なデモンストレーションを実演いたします。
15:50〜16:40【セッション2】
Tableau導入で時間を有効的に活用
伊藤忠テクノソリューションズ株式会社
 ビジネス成長にデータ分析は不可欠です。しかしデータ量が増えてきたり、より深い分析をしようとすると、データに振り回されて限界を感じてしまうケースも少なくありません。本セッションでは、必要なデータを簡単・スピーディにビジュアル化できる「Tableau」を利用したデータ分析のメリットや活用のコツをご紹介いたします。
16:40〜17:10【セッション3】
働き方を変える!
業務効率化・自動化のASTERIA活用事例のご紹介

パナソニック インフォメーションシステムズ株式会社
 働き方を変えるには、どうしたら良いのでしょうか。
今、多くの企業にとって業務の効率化の実現が大きな課題となっています。
このセッションでは、働き方改革の1つのご提案として、業務を効率化・自動化するためのプログラムをノンコーディングで実現する11年連続国内シェアNo1のデータ連携ツール「ASTERIA」を利用した定例業務の自動化を実現、データの利活用を推進するための手法を弊社実績の事例を交えて、ご紹介いたします。

17:10〜17:20【質疑応答】

※講師、内容は変更となる場合があります。予めご了承ください。
※同業者様のご入場はお断りする場合がございます。予めご了承ください。
※定員を超えた場合は抽選とさせて頂きます。 
備考 <関連サイト>
ノンプログラミングEAIツール ASTERIA
 

お申込多数のため、受付を締め切らせていただきました。

お問合わせ

 セミナー事務局
TEL:06-6377-0050 
お電話の受付は平日9:00〜17:30とさせていただきます。