ERPや業務システムの導入において、プロジェクト延伸や中断などの失敗事例には、枚挙に暇がありません。
今回のセミナーでは、長年多くのRFPを見てきたSE、実際プロジェクト推進を担当したSEが、失敗事例や体験談を交えて、失敗しない『提案依頼書の書き方』、『基幹システムの導入プロセスのあり方』 を分かりやすく解説したいと考えております。是非ともご参加ください。

お申込多数のため、
受付を締め切らせていただきました。
日時 2018年6月22日(金)15:30~17:20(受付開始15:00)  
会場
〒530-0013 大阪府 大阪市北区茶屋町19-19 アプローズタワー13階
●JR大阪駅 御堂筋出口から徒歩10分
●地下鉄御堂筋線中津駅 4番出口から徒歩4分
●阪急梅田駅 茶屋町出口から徒歩6分
参加費
定員 定員30名満席
対象 経営企画部門責任者様、情報システム部門責任者様
主催 パナソニック インフォメーションシステムズ株式会社
共催
協賛
内容 15:00~15:30【受付】

15:30~【ご挨拶】

15:40~16:20【セッション1】
ベンダーが考える 『失敗しない提案依頼書の書き方』 とは
パナソニック インフォメーション システムズ株式会社

基幹システム導入などの大型プロジェクトの成否は、プロジェクト立上げ前のシステム企画・IT調達フェーズの質の高さが左右するといっても過言ではありません。
プロジェクトを成功に導くためには、その中心となる「提案依頼書(RFP)策定工程」において、「どのようなシステムを構築したいのか」を 「漏れなく」、「適切に」 ITベンダーに提示できるかが非常に重要なポイントとなります。
今回のセミナーでは、長年数多くのRFPを見てきたSEが、ソリューション提案する立場として、「あるべきRFP記載項目」、「RFP作成時の勘所」 などを事例を挙げながらご説明いたします。

16:20~16:30【ご休憩】

16:30~17:10【セッション2】
基幹システム導入における勘所
パナソニック インフォメーション システムズ株式会社 

ERPや業務システムの導入において、失敗プロジェクトの事例には枚挙に暇がありません。長年、パナソニックグループで多くのシステム導入を経験してきた弊社におきましても、様々な要因でプロジェクトが円滑に推進できない事例がございました。
今回は、実際にプロジェクト推進を担当してきたSEが、失敗事例から学んだノウハウを『基幹システム導入における勘所』として、分かりやすくご説明いたします。
セッション後半では、14ヶ月で基幹システムのビッグバン導入を実現したプロジェクト事例に基づいて、「各フェーズにおいて顕在化した課題・リスク」や「実際に講じた対策」などを具体的にご紹介いたします。

17:10~17:20【質疑応答】

※講師、内容は変更となる場合があります。予めご了承ください。
※定員を超えた場合は抽選とさせて頂きます。
※同業者様のご入場はお断りします。予めご了承ください。
備考 <関連サイト>
完全Web型ERP 「GRANDIT」
お申込多数のため、
受付を締め切らせていただきました。

お問合わせ

パナソニック インフォメーションシステムズ株式会社セミナー受付事務局
TEL:03-5715-5470
お電話の受付は平日9:00~17:30とさせていただきます。