コンタクトセンターを取り巻く環境は、近年の進化するAI技術やスマートデバイスの普及により、急速に変化しています。
また昨今、新しい技術を使った業務効率化や問い合わせそのものを削減するといった仕組みが出て来ており、多岐にわたる選択肢から本当に必要なものは何なのか?について、実践的なソリューション、業務改革につながる導入事例を交えてご紹介します。

貴社の業務改革のヒントに繋がる内容となっておりますので、是非ご参加ください。

日時 2019年6月21日(金)15:00~17:20(受付開始14:30)  
会場
〒530-0013 Osaka 大阪市北区茶屋町19番19号 アプローズタワー16階
●JR「大阪」駅 御堂筋出口より徒歩10分
●地下鉄御堂筋線「中津」駅 3番出口より徒歩5分
●阪急「梅田」駅 茶屋町出口より徒歩6分
参加費
定員 定員20名申込受付中
対象 現場やお客様からの問合せ対応に悩みを抱えている方、最新のコンタクトセンターに興味がある方、クラウドPBX・AIチャットボットに興味がある方
主催 パナソニック インフォメーションシステムズ株式会社
共催 株式会社コムデザイン、パナソニック ソリューションテクノロジー株式会社
協賛
内容 14:30~15:00【受付】

15:00~【ご挨拶】

15:05~15:35【セッション1】
最新コンタクトセンターソリューションのご紹介
パナソニック インフォメーション システムズ株式会社 

昨今はコミュニケーションツールの進化により、顧客からコンタクトセンターへのアクセスチャネルが多様化しています。
様々なチャネルから入る情報を、AI、テキストマイニング、音声認識により情報を分析しオペレータ効率化や製品・サービスの改善や向上に活用されています。
本セッションではコンタクトセンターソリューションの最新情報や、お客様窓口だけでなく社内業務に密着した導入事例など、最新のコンタクトセンターソリューションをご紹介いたします。

15:35~16:20【セッション2】
マッシュアップ時代のクラウドCTI『CT-e1/SaaS』のご紹介
株式会社コムデザイン 

コールセンターと共に進歩してきたCTI。そんなCTIの在り方が、今大きく変わろうとしています。これまではCTI単独での機能要求がされてきましたが、現在は様々なサービスやシステムとの効率的な連携が求められています。AI・オムニチャネル時代のCTIに求められる要件や活用方法をクラウドCTI『CT-e1/SaaS』の特徴を説明しながらご紹介します。

16:20~16:30【ご休憩】

16:30~17:10【セッション3】
コンタクトセンター業務を効率化するAIチャットボット「WisTalk」ご紹介
パナソニック ソリューションテクノロジー株式会社

パナソニックのAIチャットボット FAQサービス「WisTalk」は、AIがお客様の質問内容を理解し、適切な内容で自動回答するサービスです。チャットボットにより24時間365日対応が可能となり、コールセンターのピーク時間帯や営業時間外の問い合わせ対応もカバーできるため、オペレータ負荷軽減、顧客満足度の向上を実現します。

17:10~17:20【質疑応答】

※講師、内容は変更となる場合があります。予めご了承ください。
※定員を超えた場合は抽選とさせて頂きます。
※同業者様のご入場はお断りします。予めご了承ください。
備考 <関連サイト>
コールセンターパッケージ 「eSmileCall」

お問合わせ

パナソニック インフォメーションシステムズ株式会社セミナー受付事務局
TEL:03-5715-5470
お電話の受付は平日9:00~17:30とさせていただきます。