製造業を取り巻く環境が目まぐるしく変化しており、IoTやAIなどから得られるビッグデータを上手く活⽤し、より効率的な製造プロセスへの進化が求められています。しかし、どのように進めるべきなのか︖そしてその成果は︖と悩まれている製造業の方々向けに、本セミナーでは現場⼒を伸ばしつつ、スマートファクトリー化実現に向けた具体的な方策をご紹介いたします。

お申込受付期間が終了したため、
受付を締め切らせていただきました。
日時 2019年10月18日(金)14:00~16:20(受付開始13:30)  
会場
〒450-8611 Aichi 名古屋市中村区名駅南2-7-55 パナソニック名古屋中村ビル 8階
TEL:052-561-3120
●名古屋駅(JR、名鉄、近鉄、地下鉄) から徒歩15分
参加費
定員 定員20名
対象 製造業の生産技術・生産管理業務に携わる生産技術・生産管理・IT企画・経営企画の方へ
主催 パナソニック インフォメーションシステムズ株式会社
共催
協賛
内容 13:30~14:00【受付】

14:00~【ご挨拶】

14:05~15:00【基調講演】
デジタル時代のスマートファクトリーへの取り組み
パナソニック インフォメーションシステムズ株式会社

「インダストリー4.0」「製造IoT」「スマートファクトリー」・・・製造業を取り巻く環境変化に遅れを取っていませんか︖
今、現場ではどんな声が挙がっていて、実際にどんな取り組みがなされているのか。
今後の貴社活動のヒントになる製造業における情報活用の最前線を、実例を交えながらご紹介します。

15:00~15:10【ご休憩】

15:10~15:40【特別講演】
スマートファクトリーへの挑戦
大興工業株式会社

山口県岩国市に本社がある大興工業様では、大手繊維業様向けに製造現場の設備保全を長年手掛けられています。
プラントメンテナンス企業として、スマートファクトリー化のニーズに対応できなくてはいずれ競争力が保てなくなると危機感を抱き、モノづくり現場のスマートファクトリー化に挑戦されています。どのようにして実現されたのか︖実現に向けた検討、選定、導入、効果に至るまでの取組みについてご講演いただきます。

15:40~16:10【セッション】
生産現場で効果を生むデータ活用とは
ウイングアーク1st株式会社

現在、事業所・工場・技能等の電子データ化は進んでいるものの、バラバラに管理され、連携していない場面が多く、有効活⽤ができずに現場からは「生産性が上がらない」「不良が多い」「納期が遅い」、経営者からは「利益を上げる方法を⾒つけたい」という声が聞こえます。本セッションでは、これらの課題に対して、生産現場におけるデータ活用方法や効果を生むためのヒントをご提供します。

16:10~16:20【質疑応答】

※講師、内容は変更となる場合があります。予めご了承ください。
※定員を超えた場合は抽選とさせて頂きます。
※同業者様のご入場はお断りします。予めご了承ください。
備考
お申込受付期間が終了したため、
受付を締め切らせていただきました。

お問合わせ

パナソニック インフォメーションシステムズ株式会社セミナー受付事務局
TEL:03-5715-5470
お電話の受付は平日9:00~17:30とさせていただきます。